So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)

 政府は11日午前の閣議で、2010年版の「交通安全白書」を決定した。それによると、09年の交通事故による死者数は前年比4.7%減の4914人と、1952年以来57年ぶりに5000人を下回った。死者数の減少は9年連続。
 また、09年の事故発生件数は同3.8%減の73万6688件で、5年連続で減少した。白書は、シートベルト着用率の増加や飲酒運転が減ったことに加え、衝突時の衝撃吸収性に優れた自動車の普及が進んでいることが要因と分析している。 

【関連ニュース
川に車転落、59歳男性死亡=橋の欄干突き破る
栃木県警元署長、飲酒運転で逮捕=「農業」と発表、「分からなかった」
伊良部元投手、飲酒運転で逮捕=米ロサンゼルス近郊で
酒気帯びで大阪府警職員逮捕=免許課勤務、接触事故起こす
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走

民主党北海道「厳粛に受け止めたい」 小林千代美議員辞職表明で(産経新聞)
集魚灯ナイトダイビング始まる 島根・西ノ島町沖(産経新聞)
阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に郵送(読売新聞)
<はやぶさ>豪州で「最期見届ける」…ファン共感(毎日新聞)
琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁(時事通信)

<臓器移植>50代の男性が妻に角膜提供 親族優先を初適用(毎日新聞)

 日本アイバンク協会は22日、聖路加国際病院(東京都中央区)に胃がんで入院し、死亡した50代の男性が妻に角膜を提供することになったと発表した。改正臓器移植法で今年1月に施行された親族優先提供の規定が適用されるのは初めて。

 同協会によると、男性は今年4月、同協会に眼球提供と親族優先提供の意思を登録。提供意思表示カード「献眼登録票」を持ち、同病院に伝えていた。50代の妻は角膜ヘルペスで、同協会に待機者として登録していた。

 男性は今月21日午後5時半に心停止し、同午後8時に眼球の摘出手術が終了した。感染症などがないか検査し、医学的に移植可能と確認されると、31日〜6月2日に移植手術が行われる。

 妻への移植は片方の眼球の角膜で、もう片方の眼球はその他の待機者に移植される。

 同協会によると、3月31日現在の待機者は2604人。改正臓器移植法の運用指針で親族は配偶者と親子に限られている。【藤野基文】

【関連ニュース
東京医大:第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ
臓器移植:虐待疑いの児童から摘出禁止 厚労省が運用指針
宇和島徳洲会病院:病気腎移植手術 4例目を実施へ
ひと:松村由利子さん 科学ジャーナリスト賞受賞の歌人
訃報:園田孝夫さん78歳=大阪大学名誉教授

<殺人>入店直後に刺す? 大阪パチンコ店の男性客刺殺(毎日新聞)
小沢氏、再び不起訴 供述食い違い、真相は?(産経新聞)
<メダカ>卵巣に生殖幹細胞 基礎生物研が発見(毎日新聞)
<タクシー強盗>銀行の2副支店長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
社民、連立残留へ…政権内で「県内反対」主張(読売新聞)

<もんじゅ>福井県知事と首相が会談 地域振興など協議(毎日新聞)

 高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運転再開を受け、同県の西川一誠知事は13日、官邸に鳩山由紀夫首相を訪ね、今夏までに敦賀までの新幹線着工の認可を求めた。会談は一部非公開で行われたが、西川知事によると、鳩山首相は「安全第一と新幹線を含めた地域振興に努力したい」と述べたという。

 会談で西川知事は「国のエネルギー政策に貢献している地域が、他に比べ発展から取り残されてはならない」と要望。鳩山首相が「もんじゅは環境問題にもかかわり、政府として責任をもって取り組みたい」と語った上で、「地元の努力に十分報いなければならないという気持ちがあり、地域振興に努力していきたい」と応じた。また、制御棒の操作ミスなど相次ぐトラブルについては「情報を公開して着実に進めたい」との考えを示した。

 会談には川端達夫文部科学相と中川正春副文科相も同席した。【関東晋慈】

【関連ニュース
もんじゅ:再開1週間 トラブル続出
もんじゅ:また警報数回 原因調査始める
もんじゅ:制御棒挿入操作にミス 試験を一時中断
社説:もんじゅ再開 実用化への道は未知数
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり

普天間結局は県内移設 鳩山首相「ウソ」の全軌跡(J-CASTニュース)
<警察庁長官>「弘道会に打撃を」都道府県警に要請(毎日新聞)
宮崎の口蹄疫、新たに11農家で疑い例(読売新聞)
デリヘル事務所に強盗 店長けが 東京・五反田(産経新聞)
マンション火災、隣接小で避難 大阪・東成(産経新聞)

NHK平成21年度決算は黒字 速報値を経営委が公表(産経新聞)

 NHK経営委員会(小丸成洋(しげひろ)委員長)は27日、NHKの平成21年度決算の速報値の概略を明らかにした。受信料収入は前年度比で約56億円増の約6442億円となったが、予算比較すると約47億円減だった。収支は「黒字の見通し」としたが、黒字幅は明らかにしなかった。

 21年度予算では、受信料収入を6490億円としていたが、経済不況による受信料免除世帯が増加、予算の水準に届かなかった。契約者の支払率は、前年度の71・7%から72・2%(推計)と増え、目標を達成する見通し。

 小丸委員長は「厳しい環境だったが、執行部が早い段階で追加施策を講じるなど、努力をした結果」と話している。

【関連記事】
NHK、速報テロップ誤る「鳩山首相の献金事件 再捜査へ」!?
大杉漣 「安全パイ」に頼った「ゲゲゲ…」
宮迫“だけ”「龍馬博」でサイン盗まれた
【メディアと社会】アルジャジーラの戦略と価値観
GW、景気低迷も海外人気 曜日恵まれ50万人超予想
「裸の王様」次に座るのは…

<もんじゅ>“関門”を乗り越えて安堵 地域振興策合意(毎日新聞)
「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)
復元大極殿が完成=平城遷都1300年−式典に皇太子さま・奈良(時事通信)
殺人、監禁容疑で12人目逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
共同通信職員を傷害容疑で逮捕 駅員に暴行(産経新聞)

日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)

 【ワシントン=古森義久】米国上院外交委員会の東アジア太平洋問題小委員会(ジム・ウェブ小委員長)が15日、開いた日米関係の公聴会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が日米関係全体に悪影響を及ぼすという懸念が表明され、鳩山政権への不満もぶつけられた。

 議長役の民主党ウェブ議員は冒頭、米国の東アジア安全保障政策全体にとって対日同盟が決定的に重要だと強調し、普天飛行場移転とそれに伴う在沖縄海兵隊のグアム移転が「東アジア地域全体の安定を保つことに必要」と述べ、従来の日米合意の実行への期待を明らかにした。

 共和党側筆頭委員のジム・インホフ議員は公聴会には出なかったが、声明を発表し、日本の民主党の対応は「日米安保条約上の誓約の不履行であり、政策ではなく選挙目当ての政治上の便宜に動かされた『安全保障への政治の侵入』だ」と特徴づけて、批判的なスタンスを明確にした。

 証人として登場した米日財団理事長のジョージ・パッカード氏は「日米安保関係はいま決定的な曲がり角にきており、同盟の包括的な再検討が必要だ」とし、普天間問題もその背景で考慮されるべきだと述べた。

 日本経済専門のジャーナリストのリチャード・キャッツ氏は「普天間問題で日米間の摩擦が続くと、経済その他の分野に悪影響が及ぶことを懸念する」と証言し、早期解決を訴えた。

 日本政治研究学者のマイケル・オースリン氏は「東アジアでは中国が関与する領土紛争や北朝鮮の動きなど不安定要因が多く、日米同盟はそれに対応するアジア全体の安定要因となり、普天間問題もその一環として考えねばならない」と証言し、普天間移設が日米合意どおりに解決されることへの期待をにじませた。

【関連記事】
鳩山首相「普天間なんて皆、知らなかった。メディアが動きすぎ」
民主有力筋が激白…小沢は無類のカジノ好き、合法化加速
首相「最大の敗者」との米紙報道「非礼だ」 官房長官が不快感
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
首相「やはり桜は日本」 さくらの女王らが表敬
外国人地方参政権問題に一石

発砲の関連捜査で浮上 詐欺などで組幹部2人逮捕(産経新聞)
雑記帳 高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)
<脱税指南>八木被告「認識ない」 初公判で否認(毎日新聞)
橋下知事「僕が改革やる」…万博記念公園(読売新聞)
JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」−報告書漏えい(時事通信)

今月下旬の訪韓検討=中井拉致担当相(時事通信)

 中井洽拉致問題担当相は16日の閣議後の記者会見で、今月下旬にソウルを訪問し、北朝鮮の人権侵害に反対する市民団体の行事に出席する方向で日程調整していることを明らかにした。中井氏はかねて大韓航空機爆破事件の実行犯で、拉致被害者の横田めぐみさんと北朝鮮で会ったと証言している金賢姫元工作員の日本招致に意欲を示しており、招致に向けて韓国側と交渉する可能性もある。 

しろまるひめが住民登録=兵庫県姫路市〔地域〕(時事通信)
普天間 徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)
<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)
<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)

<授業不足>3年生で53時間も 北海道網走の中学(毎日新聞)

 北海道網走市の市立第二中学校の09年度の授業時間数が、文部科学省の学習指導要領の規定時間数(年間980単位時間)に足りず、同市教委が当時の校長(3月31日付で定年退職)を厳重注意していたことが分かった。

 学習指導は1単位時間50分だが、当時の校長は5分短縮し多くの授業を45分で実施。その結果、09年度は1年生(58人)が18.6時間▽2年生(55人)が17.8時間▽3年生(70人)は53.3時間、それぞれ不足した。

 当時の校長は当初報告書に記載しておらず、3月中旬に保護者からの指摘で発覚。市教委には「放課後の生徒会など諸活動に割り当てた」と釈明したという。また「慣例としてやっていた」とも説明している。【渡部宏人】

【関連ニュース
教科書検定:ページ4割増「脱ゆとり」対応
入試出題ミス:理科で、全員に得点 国立高専
学校週5日制
特集:09年度小学校教科書検定 思考力、活用力養成が柱 「言語活動」全教科で重視
教科書検定:ページ4割増 進む「脱ゆとり」−−09年度

火災 鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで(産経新聞)
母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)
首相、邦人死刑執行には触れず…日中首脳会談(読売新聞)
地下鉄御堂筋線に男性転落、遅れ(産経新聞)

小沢氏、資産報告を訂正=都内の不動産記載漏れ(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は5日、2003年と05年、09年の衆院選を受けて公開された資産等報告書の訂正を衆院事務局に届け出た。東京・勝どきのビルと敷地の共同所有分が未記載だったとして、土地1915平方メートルの2460分の1、建物4階から11階の6152平方メートルの1560分の1をそれぞれ資産として追加した。
 このビルに関しては、同報告書への記載漏れが一部報道で指摘されていた。小沢氏は、自らの資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、借入金不記載など収支報告書の不備が指摘されたが、「形式的なミスだ」と主張し、これまで収支報告書は修正していない。 

【関連ニュース
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

下地氏から首相に琉球の書 普天間決断促す(産経新聞)
総務省、「SIMロック」解除へ=携帯4社と合意(時事通信)
与謝野・平沼新党、8日にも結成…まず5議員で(読売新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
JR福知山線脱線事故の被害者ら「空色の栞」作製 安全願い6千枚配布(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。